本心を語ってはならない・・・

「ハード・シングス 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか」(ベン・ホロウィッツ著、滑川海彦・高橋信夫 訳)という本の感想、3回目。

心理のコントロールに関する話が気になった。
私が経験から学んだCEOとしてもっとも困難なスキルは、自分の心理のコントロールだった。

組織のデザイン、業務のデザイン、業務のプロセスのデザイン、業務の軽量化、採用と解雇などは、自分の心のコントロールに比べれば、比較的シンプルな課題と言える。私は自分が心理的にタフだと思っていたが、実際に経験してみると、とてもタフどころではなかった。私はとんでもなくソフトだった。

私は長年の間に何百人ものCEOと話す機会があったが、みな口をそろえて同じ気持ちを味わったという。しかし心理的な困難について語るCEOはごくわずかだし、この問題について書かれた記事や本は皆無と言っていい。まるであの『ファイトクラブ』のルールのようだ。CEOの心理的困難についての最初のルールは、「語ってはならない」というものらしい。

心理的に超ソフトだという自覚のあるさえないサラリーマンな自分だけど、サラリーマンの最初のルールも「語ってはならない」というものなのかもしれない。

すなわち、大概のサラリーマンは(本当は自分のように超ソフトな心理の持ち主なのかもしれず)タフなふりをしているだけなのかもしれない(という希望的観測)。

もっと言うと、サラリーマンのというよりも日本社会の最初のルールは「語ってはならない」というものかもしれないし、さらには人間社会の最初のルールは「語ってはならない」というものなのかもしれない。

つまり、(ネガティブな)本心なんて語ってはならない。(心理的にタフな人がするように)希望に満ちた明るい未来について語らないと生きてはいけない・・・。



というように、(心理的に超ソフトな自分は)物事を悲観的に考える癖があるように思うので、自分の心理をコントロールするスキルを身につけるべく努めていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-12-07 00:19 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム