中高年バブル崩壊とAI人材バブル・・・

「早期・希望退職1万人超」という日本経済新聞の記事の感想、2回目。

中高年をリストラする一方で、若手を増やしたりやAI人材を高給で採用したりする動きがあるとのこと。
大手企業の賃金は年功序列のため、50~54歳の賃金が最も高くなる傾向にある。企業にとって中高年はボリュームコストになっており、その層を削ることで、今後の成長分野を担う人材に原資を割り当てる。

実際に早期退職を実施した大手企業には、新卒や若手の中途採用を増やしたり、高度な人工知能(AI)技能を持つ人材には1000万円以上の年収を払う制度を導入したりしている。

すなわち、中高年は(貢献度の割には)給料が高すぎるためリストラの標的になるということであり、言わばバブル(中高年バブル)が崩壊するようなイメージだろうか。

一方、AI人材は高い給料を払ってでも雇おうとしているようであり、新たなバブル(AI人材バブル)の始まりなのかもしれない。


さえない自分は、給料に見合った貢献ができていないに違いなく(給料が高いというよりも貢献度が低い)、いつ崩壊してもおかしくないバブル状態(ちゃーもバブル)にありそうだ。


ということで、AI人材バブルの行く末を興味深く見守りつつ、ちゃーもバブルが弾けてしまう前に少しでも多くの資産を形成するよう努めていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-12-08 06:27 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム