犯人にされる前に犯人を仕立て上げろ・・・

「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」(ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド 著 / 上杉周作、関美和 訳)という本の感想、2回目。


紹介されていた10の「思い込み」の中で、サラリーマンの立場から妙に納得してしまったのが「犯人捜し本能」。

すなわち、誰かを犯人にして責めれば問題が解決する、というような思い込み。


サラリーマンの世界ではそのような「犯人捜し本能」が剥き出しになっているように思う。

さえない上に大人しい自分は特に、犯人にされないようによくよく注意しないといけない。

極端に言うと、犯人にされる前に犯人を仕立て上げろ、というくらいの勢いが必要だ。


ということで、データを基に世界を正しく見ようとする前に、「犯人仕立て上げ本能」をもっと磨いていきたい・・・。




なお、「犯人捜し本能」に関する次の記述にもとても納得できた。
物事がうまく行かないときは、「犯人を捜すよりシステムを見直した方がいい」と訴えてきた。

これが徹底されると、少しは過ごしやすいサラリーマン社会になりそうだし、いわゆる生産性も上がるのかも・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-12-14 05:26 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム