自称「中流」は国民の9割・・・

「格差の進展と中流意識」という東北学院大学教授神林博史氏の記事が日本経済新聞の「やさしい経済学」というコーナーで10回にわたって掲載されていた。


「格差社会」と言われるけど、実は国民の9割はいまだに自分自身を「中流」だと思っている、といような話が印象的だった。

関連箇所を抜粋。
かつて、1970年代から80年代にかけて、日本は「総中流社会」と呼ばれました。その有力な根拠とされたのが中流意識の拡大です。中流意識とは、国の「国民に関する世論調査」で、生活の程度を尋ねる設問に対し「中」と回答すること、正確には「中の上」「中の中」「中の下」のいずれかを回答することを指します。70年代には、「中」と回答した人が9割を超えました。

しかし、今の日本を総中流社会だと考える人はほとんどいないでしょう。2000年代に入って登場した「格差社会」という言葉がすっかり定着したからです。 (中略) この間中流意識はどう変化したかというと、実はほとんど変化していません。「中」回答は現在まで9割前後の水準を維持しています。

そう言われると、自分は生活に困るほど貧しいわけではないし、かと言って取り立てて裕福というわけでもない、というようなことを考えると「中流」と言えそうだ・・・。


まあでも、昭和の時代と比較して「中流」の価値が低下しているように思うし、また、昭和の時代と比較して生活の質の向上を実感しにくいように思う。

というのも、昭和の時代は戦後の貧しい時代(総下流時代?)から中流に成り上がっていったのだろうけど(中流の価値は大きいし人生は右肩上がり)、今の時代は生まれた時から中流であり、さらには親の世代よりも貧しくなる傾向にある(中流は普通のことだし人生は右肩下がり)。


したがって、自称「一億総中流」は昭和の時代と同じなのかもしれないが、中流の価値が低下していることと、さらには価値が低下した中流を維持するだけでも大変になっている(人生は右肩上がりではない)ということからすると昭和の時代とは大違いだと思われる。

自分は「中流」を維持できるだろうか・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-12-22 16:04 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム