アラフォーサラリーマンは逃げ切れるか・・・

「割食うのは30~40代」という記事が先日の日本経済新聞に掲載されており気になった。

日本企業の終身雇用や年功賃金の見直しに関する内容。
正社員制度の雲行きがいよいよ怪しい。2019年後半、経済団体のトップや経営者から終身雇用や年功賃金を否定する発言が相次いだ。高度経済成長を支えた日本的雇用慣行もついに来年度以降は見直しが加速しそうだ。浜銀総合研究所の主任研究員、遠藤裕基氏は最も割を食うのは30~40代だと指摘する。

90年代以降、年功賃金カーブは緩やかになっており、高度経済成長期に比べれば加齢に伴う収入増は抑えられている。とはいえ今の30~40代は『後払い型賃金』の下で働いてきた。今後、貢献度と賃金が結び付いた給与システムが一般化すれば、本来40~50代で受け取るはずだった給与を30~40代はもらい損なう

できる人には朗報なのかもしれないが、終身雇用の名残りのおかげでなんとか生き残っているさえない自分には切実な話。

55歳くらいでアーリーリタイアできるかもと目論んでいる自分としては、もう10年早く生まれていたらうまいこと逃げ切れたのかもしれないけど、終身雇用の崩壊が進む中であと15年もサラリーマンとして働き続けるのはまったく自信が無い・・・。


まあでも、進化論的にはさえない自分はさっさと退場した方が人類全体のためになるのかもしれない。

とはいえ、人類全体のことなんかよりも自分ファーストで考えるような性質を進化の結果として身に付けている。


ということで、癌細胞と言われようともとりあえずはクビになるまでサラリーマンに居座り続けていきたい。

そして、クビになった後のことはそれから考えることにしよう。というようなある意味楽観的(投げやり?)な考え方も進化の結果として身に付けているようだ・・・。



なお、このように考えると、これまでの自分の資産形成は終身雇用の名残りのおかげといえそうだ。

終身雇用の名残りが残っている今のうちにせっせと資産形成に励んでおきたい・・・。





ちなみに、自分がさえないのは努力が足りないからというのももちろんあるのだろうけど、進化の外れくじを引いてしまったからというのもあるに違いない。

まあでも、外れのように見せかけて実は(気付けていないだけで)大当たりなのかもしれないが・・・(と信じておこう・・・)。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2019-12-28 19:29 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム