目先の競争に勝っても未来は無い・・・

「2050年からの警鐘」という記事が先日の日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
今から四半世紀近く前の1997年元旦から、本誌朝刊で連載企画「2020年からの警鐘」が始まった。

未来予測のなかでも人口動態は確度が高い。97年当時から識者は少子高齢化の問題を指摘していたが、結局、抜本的な対策はとられず、昨年の国内出生数はついに90万人を割り込んだ。

問題の本質は、識者の多くが将来の危機を認識しながら、結局、改革が進まなかったことだ。少子高齢化も日本型雇用の行き詰まりも決して「想定外」の危機ではない。

政治家は次の選挙を、企業経営者は次の決算を、個人は明日の生活を。皆が目先の対応に追われてきた結果が今の「2020年」だ。

最後の部分が特に気になった。皆が自分の目先の競争に勝つことに精いっぱいで、(必要だとわかってはいるけど)社会全体の将来的な危機に誰も対応しようとしなかった(対応しようとしたら自分の目先の競争に負けてしまうので・・・)、ということのようだ。


まあでも、社会全体としては滅びてしまうのかもしれないけど、個人としてはそのような性質をもつ人が生き残っていく(結果としてそのように進化していく)のは仕方のないことなんだろう。

ただ、昔は、そのような性質を持つ個人が多くを占めるようになった社会は滅んでしまい、結果としてそのような性質を持つ個人が少ない別の社会が生き残ってきたのかもしれない。

しかし、グローバル化した今となっては、極端に言うと社会は一つしかなく、生き残る別の社会が無い・・・。


ということで、自分の目先の競争に勝つことばかり考えている人類に未来は無さそうだけど、さえない自分が生き残るためには目先の競争に注力するしかないという悲しい現実・・・。
関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-01-26 16:05 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・投資:パッシブに殖やす
・節約:消費するよりアーリーリタイア

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202003

検索フォーム