「インターネットが極論を生む」は間違い?

「中庸の世論 どう作る」という記事が先日の日本経済新聞に掲載されており気になった。

インターネットは人々の意見を両極端に分断するのか? しないのか? というような話。

記事からの抜粋。
 田中氏らは2017から18年にかけて10万人にアンケート調査を実施。その結果「ネットの利用で人々が極端な意見に走り、社会が分断されているという事実はない。むしろ大半の人々はネットの利用でどちらかといえば穏健化している」という結論に至った。
 「分極化しているのはネットを使う若年層ではなく、ネットを使わない中高年」という傾向も明らかになった。
 慶応大学経済学部教授の田中氏は「20年間、慶応で教えているが、学生は穏健化している。私の実感にもあっている」と語る。

 これに疑問を投げかけているのが大阪大の辻大介・准教授(社会学)だ。「高齢者が若者より分極化しているのはネットのない時代からだ。年齢を重ねるにしたがって保守かリベラルか明確になってくる。調査と分析の方法に問題がある」と指摘する。
 辻准教授が19年に実施した調査でもネット利用によって安倍政権への支持、首相への好悪ではっきりした分極化が見られた。
(辻准教授の「辻」は点が一つが正しい(うまく変換できなかった・・・))


研究者の間でも意見が分かれており、結論は出ていないようだ。

個人的な感覚では、インターネットの利用の仕方によるように思う。

すなわち、インターネットでは自分の考え方に近い情報(自分にとって心地良い情報)に触れがちになる(IT業界の戦略の影響もありそう)、という意味では両極端に分断されそう。

逆に、インターネットでは両方の意見を簡単に入手することができる、という意味では分断が緩和されそう。

というように、どのような情報を入手するか(自分の考え方に近い情報だけか? 両方の情報をバランスよくか?)によって、インターネットが人々の意見を分断するかどうかが変わってくるように思う。


なお、上記「IT業界の戦略の影響もありそう」という意味では、企業の経済活動が人々の意見を分断している面もありそうだ。

意見の分断を助長してお金を稼ぐ・・・。



ということで、インターネットでは「資産形成万歳」的な情報ばかりに触れがちな自分も、IT業界の戦略にも注意を払いながら、消費の素晴らしさに関する情報にももっと触れた方が良さそうだ。

資産形成だけが人生ではない・・・。





とはいえ、資産形成もできなければ人生が成り立たない・・・。
関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-02-01 07:37 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・投資:パッシブに殖やす
・節約:消費するよりアーリーリタイア

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202003

検索フォーム