インデックス投資的な消費スタイルが理想・・・

「運用会社、代替投資を強化」という記事が日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
大手運用会社がビジネスモデルの転換を迫られている。収益源としていた投資信託で手数料引き下げ競争が起きていることから、ヘッジファンドや不動産といった比較的高い手数料が見込めるオルタナティブ(代替投資)に進出している。

インデックスファンドの信託報酬が大きく下がってきたという実感が個人的にもあるけど、信託報酬を引き下げすぎた(価格競争に巻き込まれて引き下げざるをえなかった)ことによって運用会社はビジネスモデルの転換を余儀なくされているようだ。

すなわち、(信託報酬を引き下げ過ぎた)投資信託では事業が成り立たなくなってきたため、他の収益源を確保する必要に迫られるようになり、その候補としてヘッジファンドや不動産といった高い手数料が見込める分野が挙がっているようだ。


ただ、投資家(消費者)の立場からすると、運用会社の収益なんて知ったことでは無いため、わざわざ運用会社を儲けさせるような行為(ヘッジファンドや不動産への投資)をとるよりも、低コストな投資信託を利用するのが吉だと思われる。

このようなことは、投資に限らず消費活動全般に言えることと思われ、すなわち、わざわざメーカーやお店を儲けさせるような消費活動をする必要はなく、メーカーやお店が嫌がるような消費活動(例えば低コストな定番品の利用)が得策に違いない。


ということで、低コストなインデックス投資を続けながらも、消費面でもインデックス投資的な消費スタイル(メーカーやお店が嫌がるような低コストな定番品の利用)に努めていきたい・・・。



同時に、サラリーマンの立場からは、いかに消費者を煙に巻いてヘッジファンドや不動産のような収益源に誘導していくかが問題となりそうだ・・・。
関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-02-08 20:49 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・投資:パッシブに殖やす
・節約:消費するよりアーリーリタイア

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202003

検索フォーム