「寄付」はお金で買える究極の自己満足・・・

「世界のエリート投資家は何を見て動くのか」(アンソニー・ロビンズ著、鈴木雅子訳)という本の感想、3回目。

寄付の効用に関する話が印象的だった。
「人のためにお金を使えば使うほど、より幸福感を覚える」という事実を、この調査は証明している。資産が増えれば、より多額の寄付ができるので好循環が始まる。ダンとノートンは、「自分のためよりも、人のためにお金を使った方が、大きな満足感が得られる」と科学的に証明した。

この満足感は、精神的な健康のみならず、肉体的な健康をも促進する。言い換えれば、人に与えることでより幸せに、かつより健康になれるのだ。

ビル・ゲイツなどの億万長者たちが寄付をしているというニュースを以前から耳に(目に)しており、世間へのアピールだと勝手に解釈していたけど、アピールというよりも自己満足が目的ということだろうか。

お金として持っておくよりも、寄付した方がより大きな自己満足感を得られるということか。


とはいえ、自己満足よりも資産形成を優先せざるを得ないさえない自分は、「寄付より資産形成」を意識して仕事や節約や投資に励んでいきたい。


まあでも、ビル・ゲイツなどの億万長者たちが自己満足に流されて行動することも無いように思うので、やはり自己満足のふりをした世間へのアピールなのかもしれない・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-02-22 13:29 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム