株安を直視 一週間で半年分の給料が・・・

新型コロナウイルスの感染拡大の影響によるここ一週間の世界的な株安を受けて、保有する株式(先進国株のインデックス投信)もかなり下落したに違いない。

この一週間でどのくらい下落しただろうか? 不都合な真実を直視してみた。


保有する先進国株の代表として「たわらノーロード 先進国株式」の基準価額を見てみると以下のようになっており、この一週間で約12%も下落している。

2/21(金) 15117円
2/28(金) 13271円

すなわち、リスク資産が約12%減少したことになるけど、その金額は給料(手取り)で換算するとおおよそ半年分に相当し、生活費で換算するとおおよそ一年分に相当する。


つまり、この半年間朝から晩まで死にそうになりながら働いてゲットしてきた給料が、たったの一週間で無くなってしまったということ。

あるいは、一年間生活できるだけの生活資金が、たったの一週間で無くなってしまったということ。

冷静に考えるとかなりの金額・・・。


リスク許容度の観点から、これくらいの損失にはまだ耐えられそうだけど、自分はどこまでの損失に耐えられるだろうか?

まだまだ株安は続きそうな勢いなので、今後も資産の減少を直視しながら自分のリスク許容度を見極めていきたい・・・。




なお、「たわらノーロード 先進国株式」の半年前の基準価額は以下のようであり、この半年間で考えると実は利益が出ているため、半年分の給料が無くなってしまったと考えるのは正しくないのかもしれない・・・。

8/30(金) 12551円
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-02-29 14:03 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム