インデックス投信に流れる客の食い止め策・・・

「投信運用 成功時のみ報酬」という記事が日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
農林中央金庫系の運用会社は4月、投資信託の時価を示す基準価格が最高値を更新した時だけ運用報酬を取る商品を発売する。

基準価格が最高値を更新した場合のみ価格上昇分の10%を受け取る。価格が上昇しても最高値を更新しなければ報酬は受け取らない。

この投信でも販売会社と信託銀行に支払う信託報酬は必要だが、比率は合計で0.3%だ。一般的にアクティブ型投資信託の信託報酬は計1.5~2.0%のものが多い。

国内株を投資先として、楽天証券とSBI証券を通じて販売する予定だ。

信託報酬の運用会社(委託会社)部分をゼロとし、基準価格が最高値を更新したときのみ価格上昇分の10%を受け取る、というような投資信託(日本株、アクティブ型)が発売されるようだ。

仮に日本株の期待リターンを5%とすると、その10%である0.5%程度を受け取ることを期待しているのだろうか。

その場合、販売会社と信託銀行(受託会社)に支払う信託報酬と合計すると0.8%となり、インデックス投信と比較すると断然高いけど、アクティブ投信の中では安い部類に入りそうだ。


個人的には、「最高値を更新した場合」とするよりも「ベンチマークを上回った場合」とした方が納得感はあるけど、そこまでの自信は無いということだろうか?


なお、この記事を読んで改めてインデックス投信の信託報酬の安さを実感した。

このような成功報酬型の投資信託は、インデックス投信に流れる客を食い止めるための策の一つなんだろう(と勝手に勘ぐった、信託報酬が安いインデックス投信では儲からないだろうから)。

インデックス投信と比較すると断然割高なんだけど、「成功した時だけ」とアピールすることでイメージ的なお得感を演出する作戦に違いない。

サラリーマンの立場からすると涙ぐるしい努力が伝わってきて納得感(同情感?)があるけど、投資する立場としてはイマイチ納得感を感じられなかった・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-02-24 12:32 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム