米国株の裏に道はあるのか・・・

『「投資したい国」米に高い関心』という記事が日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
投資家の米国株への関心が高まっている。楽天証券による1月の最新調査では「今後投資してみたい国」に米国を選んだ投資家は6割にのぼり、16年2月以来、4年ぶりの水準に高まってきた。一方で日本を選んだ投資家は3割で「母国市場」への関心は相対的に薄いままだ。

楽天証券の香川睦氏は米市場には「IT(情報技術)大手のようなスーパースターがいることが、投資家をひき付けている」と指摘する。

長期的にみても、米主要企業からなるS&P500種株価指数は過去30年間でほぼ10倍の水準になった一方、日経平均株価は4割近く下落した。

「人気」「実力」「実績」、米国株はあらゆる面で日本株を圧倒しているようだ。


このような記事を読むと、「人の行く裏に道あり花の山」という格言を思い出す。

米国株に投資するべきか? それとも裏道を行くべきか?


先進国株(MSCIコクサイ)に投資している自分は、7割弱を米国株に投資していることになるけど、逆に言うと3割強は裏道(米国株以外)に投資していることになる。

さらには金(ゴールド)への投資も考えているため、裏道が若干広くなりそうだ。


とは言え、米国株の魅力も捨てがたいので、とりあえずは先進国株+α(ゴールド)のような米国株を中心としつつもほどほどの分散を心掛けていきたい・・・。



なお、米国株中心の投資は意図したわけではなく、先進国株に投資したら結果的にそうだったというだけなんだけど・・・。
関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-02-24 13:27 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・投資:パッシブに殖やす
・節約:消費するよりアーリーリタイア

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202003

検索フォーム