依存症ビジネスの手口・・・

『僕らはそれに抵抗できない 「依存症ビジネス」のつくられかた』(アダム・オルター 著、上原裕美子 訳)という本を読んだ。

アルコール依存やドラッグ依存などの従来からの依存症(物質依存)に対して、ゲーム依存やネット依存などの新しい依存症(行動嗜癖)について取り上げた内容。


新しい依存症(行動嗜癖)に関連して、依存症ビジネス(ゲーム業界やIT業界など)が人を操る6つのテクニックが紹介されていた。

1.手を伸ばせば届きそうな魅力的な目標
  (例:運動量を数値化して目標設定を促す活動量計(ウェアラブル端末))

2.予測できないランダムな頻度で報われる感覚(正のフィードバック)
  (例:予測不能なフィードバックが得られる「いいね!」ボタンを設置したフェイスブック)

3.段階的に進歩・向上していく感覚
  (例:最初から取説を読む必要が無いほど容易で上達感が味わえるスーパーマリオ)

4.徐々に難易度を増していく感覚
  (例:ゲームが進むほど難易度が上がっていくテトリス)

5.解消したいが解消されない緊張感
  (例:謎を残して終わって次回を見たい気にさせるテレビドラマ)

6.強い社会的な結びつき
  (例:他人に見せてフィードバックを得るために写真を掲載するインスタグラム)


とても納得できる内容であり、自分も要注意と思ったけど、既に自分も多くの依存症ビジネスに操られているに違いない・・・。

例えば、このようなブログを書いてしまっていることもそうなんだろう・・・。


でも、逆に、(本にも書かれていたように)このようなテクニックを自分自身に使うことで、自分自身をうまく操ることができそうだ。



ということで、依存症ビジネスの餌食にならないようには気を付けながら、彼らの手口を学んで自分自身をうまく操って資産形成できるように努めていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-02-29 00:01 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム