0円投信の損得勘定 ついに信託報酬0%・・・

「野村、信託報酬0%に つみたてNISA向け」という記事が先日の日本経済新聞に掲載されており、朝からとても気になった。

記事からの抜粋。
野村証券は25日、国内で初めて信託報酬を0%とする投資信託を設定すると発表した。海外株式に投資する投信で、積み立て型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)向けの商品。

名称は「野村スリーゼロ先進国株式投信」で、日本以外の先進国株式指数「MSCI-KOKUSAI指数(円換算ベース・為替ヘッジなし)」に連動する。

投信購入時に手数料はかからず、2020年3月から30年12月末までの10年間は信託報酬を0%とする。31年以降は0.11%以内で設定し直すとしている。

今回は野村証券と野村アセットマネジメント、野村信託銀行が販売・運用・管理を請け負い、各社が手数料をゼロにする。

要点を整理してみた。
1.「MSCI-KOKUSAI指数」に連動する先進国株のインデックス投信
2.2030年12月末まで信託報酬0%、以降は0.11%以内で再設定
3.つみたてNISA専用(野村証券で利用できる)

野村證券のつみたてNISA口座でしか使えない点も気になるけど、それ以上に気になったのは信託報酬0%と言っても期間限定ということ。キャンペーン価格のような感覚なんだろう。

そして、31年以降の信託報酬は0.11%以内ということだけど、その時の最安値投信との差も気になるところ。現時点ではまったくわからないけど、最安値投信よりも割高な信託報酬を設定することも大いに考えられる。


つみたてNISAで「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 」を積み立てている自分は乗り換えるべきだろうか?

アレコレ考えた結果、次のような点から今回は乗り換えないことにした。
1.31年以降も考えた時にトータルで割安になるのか現時点で不明
2.つみたてNISA口座を変更するのが面倒だし、口座が増えるのも嫌
3.業界最低水準の信託報酬を目指すSlim先進国株が対抗策を打ってくる可能性もある


ということで、三菱UFJ国際投信さんの対抗策を期待しながら、つみたてNISA口座では「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 」の積み立てを続けていきたい・・・。





ちなみに、「野村スリーゼロ先進国株式投信」といっても31年以降は「スリーゼロ」ではなくなるけど、31年以降は名称を変更するのだろうか?

「野村元スリーゼロ先進国株式投信」とか・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-03-01 07:04 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム