消去法の金? 金はバブルなのか・・・

「金ETF残高 最高」という記事が日本経済新聞に掲載されており、金(ゴールド)への積立てを始めたばかりの自分は気になった。

記事からの抜粋。
世界の金上場投資信託(ETF)が価値の裏付けとして保有する金現物の残高が2月末時点で初めて3000トンを超えた。新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に景況感が悪化しており、安全資産を求めるマネーの金への流入に拍車がかかった。

安全資産の先進国債で唯一1%強の利回りを維持していた米国債の利回り低下で、代替投資先として金利がつかない金が消去法としてして選ばれている。

「コロナ・ショック」による株安と米国債の利回り低下によって、消去法的に金への資金流入が起きているようだ。

金への資金流入は消去法的ということで、金そのものの価値が高まっているというわけではなさそうなので、金が買われて価格が上昇しているのは「バブル」ということになるのだろうか?

まあでも、金は株や債券と違って配当や利息があるわけではないし、また主な使い方は装飾用途のようなので(投資と装飾品用途で全体の8割程度を占めるようだ)、そもそもの金の価値は(価値があると皆が思い込んでいるだけという意味で)バブルなのかもしれないけど・・・。


と言っても、お金(円やドルなど)も株も債券も、全てはバブルの可能性があり、金にだけバブルの疑いがあるわけではない。

そのように考えると、やはり「分散」が重要ということになりそうだ。


ということで、円も先進国株も金もそのどれもにバブルの疑いがあるだろうから、「分散投資」を心掛けていきたいと改めて感じた・・・。



なお、サラリーマンとしての自分の給料にもバブルの疑いが大いにありそうなので要注意・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-03-07 21:23 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム