株式投資とサラリーマンの分散効果・・・

『中国 広がる「コロナ賃下げ」』という記事が日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
中国で賃金カットが広がり始めた。新型コロナウイルスが直撃した自動車や小売り、ネット広告企業などが相次ぎ踏み切り、就職難におびえる従業員も大半が受け入れている。

コロナショックで株価が暴落しているけど、中国では賃下げも拡大し始めたようだ。

経済活動が縮小しているので、普通に考えると賃下げもやむを得ない状況にあると思うけど、今のところ残業もこれまで通りしている(させられている)自分は当面の間賃金は減りそうにない(まあでも、明日は我が身かも・・・)。

改めて考えると、これ(経済活動が悪化しても賃金が減りそうにないこと)は大きなメリットと言えそうだ。

すなわち、経済が悪化してもすぐに生活に支障をきたすこともないし、さらには安くなった株を買い増すこともできてしまう。

そのように考えると、ある意味株式投資と日本型サラリーマンの相関は小さく、分散が効いているといえそうだ。


ということで、(嫌々ながらやっている)日本型サラリーマンであることのメリットを活かして、安くなった株式への積み立てを継続していきたい(というように前向きに考えていきたい・・・)。



なお、逆に考えると、リタイア後の株式投資には注意がいりそうだ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-03-14 08:26 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム