作り笑いで寿命がのびる・・・

「作り笑いでも長寿に」という記事が先日の日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
1950年以前にプレーを始めた大リーガーの選手名鑑の写真の表情を、「笑顔なし」「部分的なほほ笑み」「満面の笑顔」に分けて、2009年までに亡くなった選手の平均寿命を調べた研究だ。

その結果、「笑顔なし」の選手の平均寿命が72.9歳に対して「満面の笑顔」の選手の平均寿命は79.9歳で7年も長生きしたことがわかった。

もうひとつ興味深いのは、「部分的なほほ笑み」の選手も、平均寿命が74.9歳と「笑顔なし」の選手たちにくらべて長生きしていた点だ。「部分的なほほ笑み」とは口角が持ち上がって一見すると笑顔に見えるが、目じりにしわが寄っていない表情だ。作り笑いだと考えられる。

作り笑いをするそもそもの目的は、周りの人たちに笑っていると思わせるため(極端に言うとだますため)だろうけど、その作り笑いが自分自身をもだましてしまう、というようなことだろうか。

すなわち、本当は笑うような心境ではないのだけど、作り笑いをすることで自分自身が笑うような心境であるように感じてしまう。

逆に、作りしかめ面をすると、自分自身がしかめ面をするような心境であるように感じて、寿命を縮めてしまうのかもしれない。

そのように考えると、例え見せる相手がいないとしても表情はとても重要であり、普段からもっと戦略的に表情を作る必要がありそうだ。


ということで、周りをだますためというよりも、自分自身をだますために戦略的に表情を作っていきたい。

とりあえず、寿命を伸ばすために作り笑いをするところから始めてみるとしよう(周りから気持ち悪がられない程度に・・・)。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-03-15 05:09 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム