日本企業で働いて外国株に投資する・・・

「脱・株主第一主義の行方」という記事が先日の日本経済新聞に掲載されていた。

重視するステークホルダーについての日本企業と米国企業の違いに関する立正大学教授池尾和人氏のコメントが印象的だった。
ステークホルダーの議論は、縦軸に株主の利益を置き、横軸に株主以外のステークホルダーの利益を置いた図で考えるべきだろう。

米国の場合、株主の利益を追求して収益を上げ、縦軸では上のプラスに位置する。半面、格差が拡大し、雇用は不安定化している。従業員など他のステークホルダーの利益は害され、横軸では左側のマイナスの側に入っている。

日本企業は、従業員など他のステークホルダーの利益をある程度確保できていても、肝心の株主の利益を毀損してしまっている。多くの企業が、PBR(株価純資産倍率)が1倍割れの評価しか市場で得られていない。先の縦軸でいえば水面下のマイナスだ。

日本企業も米国企業も、広くステークホルダーの利益を増やす第1象限を目指すという意味で向かうべきところは同じだ。ただし出発点が日本と米国で異なる。日本の問題は株主の利益を毀損していることなのだから、改革は稼ぐ力を高めるという方向になる。

米国企業では株主重視が徹底されており、日本企業では株主が重視されていない(株主の利益を毀損してまで従業員など他のステークホルダーの利益をある程度確保している)、と言うことのようだ。

これだけ聞くと、投資するなら株主重視の米国株の方が良さそうだけど、しかし、既に株価に織り込まれ済みだろうことも考えると、そんな単純な話でもないのだろう・・・。

そして、働くなら(従業員の利益もある程度確保している)日本企業の方が良さそうだけど、しかし、仕事満足度の国際比較の記事などを読むと(日本は低い)、そんな単純な話でもないのだろう・・・。


まあでも、日本に生まれ育って既に日本企業で働いている自分は、今後も日本企業で働き続ける(→収入源は日本企業に偏り続ける)つもりなので、そうすると、分散を考えたら投資は日本株以外(外国株)が良さそうに思う。

とりあえず、そのように考えて、日本企業で働き外国株(米国を中心とした先進国株)に投資する、を続けていくとしよう・・・。


ただ、日本企業も外国企業も今後は広くステークホルダーの利益を満たす方向に変わっていくとしたら、仕事や投資に与える影響が気になるところ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-03-15 06:09 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム