仕事におけるリスク許容度が低い・・・

「マネジメント【エッセンシャル版】 ――基本と原則」(P.F.ドラッカー 著、上田惇生 編訳)という本の感想、2回目。

リスクに関する話が印象的だった。
戦略計画はリスクをなくすためのものではなく、最小にするためのものでもない。(中略)経済活動とは、現在の資源を未来に、すなわち不確実な期待に賭けることである。経済活動の本質とは、リスクを冒すことである。

リスクを皆無にすることは不毛である。最小にすることも疑問である。得るべき成果と比較して冒すべきリスクというものが必ずある。

株式投資と同じく、リターンを求めるのであればリスクを冒す必要があるということであり、大変納得できる話。

ここで重要だと思うのは、株式投資と同じく、冒すリスクの大きさは自分のリスク許容度の範囲内にとどめる必要があるだろうこと。

さえない自分の場合、仕事上で失敗したときのフォローが苦手なため慎重にならざるを得ず、仕事におけるリスク許容度は低いと言えそうだ・・・。


ということで、仕事におけるリスク許容度が低い自分は、ローリスク・ローリターンなサラリーマン生活を目指してなんとか生き抜いていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-03-29 05:42 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム