仕事音痴がサラリーマンを選択する過ち・・・

「マネジメント【エッセンシャル版】 ――基本と原則」(P.F.ドラッカー 著、上田惇生 編訳)という本の感想、3回目。

「要求されるのは成果だけ」という話が印象的だった。
雇用主たる組織には、人の性格をとやかくいう資格はない。雇用関係は特定の成果を要求する契約にすぎない。他のことは何も要求しない。それ以外のいかなる試みも、人権の侵害である。プライバシーに対する不当かつ不法な侵害である。権力の濫用である。被用者は、忠誠、愛情、行動様式について何も要求されない。要求されるのは成果だけである。

「要求されるのは成果だけ」というのは、できる人にはウェルカムな話なんだろうけど、さえない自分にとっては不都合な話。

すなわち、人並みの成果を出せない自分は、成果の少なさを忠誠心などでカバーする必要があるのだけど、成果だけで評価されるようになったらカバーする手段がなくなってしまうことになり、どうすれば良いのか・・・。


改めて考えると、さえない自分がサラリーマンをしているのは、運動音痴がスポーツ選手をしているようなものだろう。

スポーツには生まれ持ったセンスが必要(運動音痴がいくら頑張ったところで無理がある)なように、仕事(サラリーマン)にも生まれ持ったセンスが必要(仕事音痴がいくら頑張ったところで無理がある)と思う。

根本から選択を間違えてしまっているような・・・。

まあでも、今さら方向転換するのも大変なので、仕事があるうちは仕事音痴なサラリーマンをなんとか続けていきたい・・・。


とはいえ、今後成果主義が進んで戦略外通告を受ける恐れも大いにあり得るので、それまでにアーリーリタイアを実現できるよう資産形成に努めておきたい・・・。



でも、サラリーマン以外にどんな道があり得たのだろうか・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-03-29 06:22 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム