コロナショック 正しく恐れて投資する・・・

「危険 正しく恐れるには」という記事が先日の日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
3月は、東日本大震災の被災者の体験を耳にすることが多かった。

その人たちの言葉から伝わってくるのは、危険を正しく恐れることの大切さだ。

ビビりな自分は過度に恐れることが多く、正しく(ちょうどよく)恐れることはなかなか難しい。

今回のコロナショックも、今後の経済に与える影響の大きさを考えると(ビビりバイアスのかかった勝手な想像をすると)、株価はもっと安くなってしかるべきと思うけど、なかなか下がらない印象をもっている。

自分が恐れすぎるのか、皆が恐れ足りないのか・・・。


「正しく恐れるにはどうすればよいだろうか?」と考えてみると、最も大切なのは「正しい知識を持つこと」なんだろう。

ただ、今回の新型コロナウィルスの感染拡大とそれに伴う社会・経済の混乱は、得られる知識が限られるため、正しく恐れることは難しいように思う。

また、少しでも多くの知識を得ようと努力したところで、(今の時代は)せっかく得た知識がフェイクの可能性も高いし、また、国やメディアなどによって情報操作されている可能性も高そうだ。


ということで、コロナショックに対して正しく恐れることは難しそうであり、すなわち恐れ過ぎか恐れ足りないかのどちらかに陥る可能性が高そう。

よって、どちらに転んでも(結果的に恐れすぎだったとしても恐れ不足だったとしても)良いようにしておくのが理想的なんだろう。

「どちらに転んでも良いように」と考えると、コロナショックを受けての投資活動は、これまでのように積立投資を続けるのが良さそうだ(予想以上の株高になるのは良いことだし、予想以上の株安になっても安く買えるという意味で良いこと。少なくとも精神的には良さそうだ・・・)。


そのように考えて、とりあえず積立投資を継続しておこう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-04-04 05:37 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム