「情け容赦ない」という言葉が大好き・・・

「amazon 世界最先端の戦略がわかる」(成毛 眞 著)という本の感想、3回目。

アマゾン創業者ジェフ・ベゾス氏は「Relentless」(情け容赦ない)という単語が大好きという話が印象的だった。
ベゾスは当初、呪文のような響きを持つ「Cadabra(カダブラ)」という名前を社名に使おうと考えていた。(中略) もうひとつの案が、「Relentless.com」。ベゾスは英単語で「情け容赦ない」を意味する「Relentless(リレントレス)」という単語を非常に好んでいたからだ。ちょっと怖い。しかし、ベゾスは本当にこの言葉が好きなようだ。

部下には長時間労働や、週末の休みを返上して働くのを強いるのは当たり前。有能でなければズタボロに捨てられ、有能な人物ならもうダメというところまで働かされる。日本のブラック企業が生ぬるく見える苛酷さだ。

お人好しな傾向がある自分は、ベゾス氏が大好きな「情け容赦ない」という言葉とは縁が無さそうだけど、それがさえない原因の一つなのかもしれない。

ベゾス氏を見習って、もっと「情け容赦ない」を取り入れた方が良さそうだ。

ただ、情けなんてかけられずとも生きていける優秀なベゾス氏とは違い、情けをかけてもらわないと生きていけないさえない自分は、情けを受けるためには周りにもある程度の情けをかける必要がありそうだ・・・。


ということで、情けをかけ過ぎている(逆に言うと情けを期待しすぎている)ことを反省し、ほどよく「情け容赦ない」言動をとれるように努めていきい。

そのためにも、「情け容赦ない」という言葉をもっと好きになりたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-05-23 07:26 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム