新規感染者数最大でも経済再開・・・

「米、波乱含みの経済再開」という記事が日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
米国は累計感染者が160万人超と世界で最も多い。4月下旬以降、感染拡大ペースは鈍化。1日あたりの新規感染者はピーク時には3万人越だったが、厳しい外出制限の効果もあって足元では2万人前後に下がった。

だた経済再開には、感染再拡大の懸念がつきまとう。全50州について、経済再開に踏み切った日と20日の新規感染者数(7日移動平均)を比べると、24州が増加していた。20日の値が再開日以下だったものの、足元では増加傾向に転じる州も18州あった。

経済再開を急ぐ動きが止まらないのは、財政も企業、家計もこれ以上のコロナ制限の長期化に耐えられないとの危機感が強いためだ。4月の米小売売上高は前月比16%超減と、統計開始後で最大の落ち込みを記録。4月の米失業者数は2308万人と前月の3.2倍に急増し、全米各州で同月に支払われた失業保険給付金は少なくとも162憶ドル(約1.7兆円)に達した。

経済再開と感染抑制を両立できるか。世界は固唾をのんで見守ることになりそうだ。

経済活動の再開を急いでいる米国は、まだまだコロナが収束したとは言えないようだ。収束どころか増加に転じている州もあり、新規感染者数はいまだに世界最大。

そんな状況にありながらも経済再開を急がざるを得ないほどに、経済の問題が切迫しているということだろうか。あるいは、そういうお国柄なのか。

投資している立場からすると、コロナ対策を重視しすぎる国よりも、経済活動にも積極的な国の方が良いのかもしれないが・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-05-24 11:08 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム