自粛というより世間の目・・・

『米、「自粛疲れ」反動顕著に』という記事が日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う行動制限が全50州で一部解除された米国で、「自粛疲れ」の反動が顕著になっている。夏の行楽シーズンの到来を告げる「メモリアルデー」の3連休には、各地のプールや海辺に人々が殺到した。米国の新規感染者や死者数hピークの2~5割の水準に落ち着いているが、経済再開を機に感染者数が再拡大する懸念も強まっている。

解除後の日米の違いが印象的。

極端に言うと、解除後も自粛モードを引きずる日本と、解除後は一気に動き出す米国、という感じ。

そもそも、「自粛」の捉え方が異なるのかもしれない。

米国の場合、国によって制限されていたから自粛していただけなので、解除されればもう気にする必要は無い、というような感じだろうか。

日本の場合、国による自粛の要請だけではなく、世間の目も(それ以上に?)気になるところ。

待ってましたとばかりにプールや海辺に出かけていると、世間から何を言われるかわかったものじゃないし、逆に、そういう目で見てしまいそうな自分がいる・・・。

まあでも、今回のようなパンデミック時に関しては、日本のような相互監視が功を奏するのかもしれない・・・。


ということで、ウイルスも世間の目も怖い自分は、まだしばらく自粛モードを引きずっていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-05-31 06:33 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム