NISA口座開設 その後

暴落後の一括投資用としてNISA口座を開設すべく、
2週間ほど前にNISA口座開設の資料を証券会社に郵送した。
暴落時の一括投資に備えてNISA口座開設

ようやく証券会社の審査が終わったむねのメールが来て、
これから税務署に申請し、税務署での確認が行われるようだ。
それには4~6週間かかるとのことなので、
トータル2カ月程度かかることになりそうだ。

こちらとしては特に急いではないので、
株価暴落とともにゆっくり待つことにするが、
税務署は1カ月以上も何を確認するのだろうか?
と、ふと疑問に思った。
単に数をさばききれていないだけなのだろうか。
それとも、私が想像する以上の膨大な作業が発生しているのだろうか。

そのような作業のために
大量の税金が使われることだけは避けて欲しいところである。
NISAにより私が恩恵を受ける以上に、
NISA運用に私の納めた税金が使われるのであれば、
何のためのNISAなのかよくわからない。

しかし、よくよく考えると、NISAを運用する分だけ必要な税金は増えると思うので、
結局、税金を負担する側は損をすることになるという話ではないだろうか。
その税金をどこで徴収するかだけの問題だ。

と言うか、NISAで得をするのは誰なのだろうか?と冷静に考えたときに、
やはりそのような制度を作った国と言うことになるのだろうか。
それと、国と結託した(←妄想です)証券会社か。

私が損を挽回するには、NISA口座で利益を出すしかないのだろう。
逆に、ますます墓穴を掘るという落ちが。。

と言うような妄想も膨らませつつ、ゆっくりNISA口座開設を待つとしよう。

関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-01-26 13:00 : 投資実施内容 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム