新興国株式インデックス への投資の必要性について悩み中  その2

先日のエントリ(新興国株式インデックス への投資の必要性について悩み中 )の
続きである。
新興国株式インデックスへの投資について一週間つらつらと考えた内容をメモ書き。

まず、新興国株式に肯定的な考えと、否定的な考えを整理してみる。
以下に書いたのはしばしば目にする内容である。

○肯定的な考え
・先進国株式と値動きが異なるであろうから、「分散」の効果が期待できる
・新興国は今後の「成長」が見込めるため、株価の上昇も期待できるだろう
・最近新興国への投資は人気が無いようだから、今こそチャンス、
 という「逆張り」的発想

○否定的な考え
・新興国の成長の恩恵は、先進国のグローバル企業も享受することができる
・「成長の罠」と言われるように、経済の成長が株価の上昇へつながるとは
 限らないのではないか
・新興国は政治や経済が不安定である

個人的にこの中の次の2つの間で心が揺れる。
・肯定:「分散」のために投資するべし
・否定:政治/経済が不安定だから長期投資には向いていないのでは

どちらか迷うくらいなら、潔く投資しないことを選択するべき。
そうすれば投資先も増えずに管理が楽、と思う。本当にそう思う。

しかし、悲しいことにそこは人間、
ことあるごとに、やはり新興国に投資すべきでは?
と言う考えが頭をよぎるに違いない。

よって、
「リスクが許容できる範囲内で、例えわずかであっても、新興国に投資しておく」
と言うのが精神衛生上良いのであろう。

あるいは、もう一つの考え方として、
株価が暴落した時に投資すると言う手もある。
政治/経済が不安定であるならば、たまには暴落も起こるはずだ。
この作戦なら、投資していないことに思い悩むこともないはずだ。
なぜなら、投資していないのではなく、投資のチャンスを待っているのだから。
ただし、永遠に待つことになるかもしれないが・・・

結論的には、この手でいくことにした。

と言うことで、新興国への投資は「バイ&ホールド」ではなく、
「暴落時に買って、戻したら売る」と言うスタンスでいくことに決定。
しばらくは(永遠に?)「待ち」だ。


関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-03-08 00:05 : 投資手法 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム