NISAの使い方を再考してみた

NISAは開設ずみで、
暴落時の一括投資に使おうともくろんでいるが、
このままでは永遠に使わないような気がしてきた。
(正確には、キャンペーン目当てでわずかに使っている)

例えば、株式ファンドを買うなら先進国株式を長期で保有したいため、
暴落時であってもNISAでの購入を躊躇うかもしれない。
と言うか、その前に、そもそも想像しているような暴落が来ないかもしれない。

そこで、NISA開設にかかった約200円(住民票代)を取り戻すべく、
NISAの使い方を考えてみた。
(自称パッシブ投資家にはふさわしくないアクティブな考え方である)


NISAは利益を出してこそ、その恩恵を受けることができる。
ということで、リスクの小さい債券に投資してみようかと考えている。
より具体的には『先進国債券為替ヘッジあり』に。


現在、株式の比率を徐々に高めている段階のため、
将来株式に投資するための資産も、現在は定期貯金などで運用している。
その部分を定期貯金から債券に置き換えようかと思っているのだ。

以下のような資産配分にしてみようかと。
・安全資産(定期貯金+個人向け国債):50%
・株式ファンド+債券ファンド:50%

株式の割合が徐々に高まっていき、将来的には、
安全資産:株式ファンド=50%:50%
となり、債券はゼロになる。
NISAの使用もそれまでだ。






関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-03-20 23:51 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム