読書メモ 『大震災の後で人生について語るということ』

『大震災の後で人生について語るということ』
橘怜


「人生について語る」というよりも「マネーについて語る」
と言うような感じであるが、興味深い内容であり、読んで正解であった。

この本を読んで、特に次の2つを心がけようと思った。


1.性質の異なる第3の収入源を確保すること

2.「世界分散投資」と「消費による利益確定」の分散を計ること


1.について、
現在の収入源は次の2つである。
・会社勤め(サラリーマン)
・投資(まだまだだが・・・)

現在の会社勤めは、著者の言うところの伽藍であり、ベルカーブの世界である。
すなわち、外部から遮断された世界であり、
収入が安定している(ただし桁違いの収入は得られない)世界である。

そこで、収入源の分散を計るために、
性質の異なる収入源として、
著者の言うところのバザールであり、ロングテールの世界、
すなわち、出入り自由な開いた世界であり、
桁違いの収入が期待できる世界(ただし不安定)、
を考えてみたい。


2.について、
世界分散投資は世界経済の成長に賭ける投資と考えるが、
自分は世界経済が成長し続けることを信じきることができない。
長期的な市場の成長について

資本主義が成長し続けないと考えるのであれば、
今を楽しむのが得策であるが、成長し続けないと確信できるわけでもない。

そこで、
成長し続けると考える場合の「世界分散投資」と、
成長は続かないと考える場合の「消費による利益確定」
のバランスをとる(分散を計る)と言うわけである。



関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-04-12 07:34 : 投資読書 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム