安値時に買い増ししようと思える投資先かどうか

株価が一進一退する中、
投資に関して思ったことをメモ書き

自分は投資信託を通して世界の株式に分散投資しているわけであるが、
リターンを高める手段の一つとして、安い時に買い増しすること、を考えている。
つまり、将来回復して高値になることを見越し、安い時に買っておくわけである。

安くなった時に買うことを決心できるためには、
その後回復することに自信が持てる必要がある。
安値になったことで投資先の将来を悲観して、
買い増しに躊躇するようでは駄目である。

そう言う観点から投資先を自分なりに選ぶと、
やはり、「先進国(日本除く)」株式の
「インデックスファンド」が第一候補として上がる。


■なぜ「先進国」なのか?

「日本」は、過去の日経平均の値動きや、
少子高齢化&人口減少が続く将来を考えると、
株価が低迷を続ける可能性が、欧米など他の先進国よりも高いと考える。

「新興国」は、先進国と比較して国や経済が安定していないため、
株価が低迷を続ける可能性が、先進国よりも高いと考える。

したがって「先進国(日本を除く)」の選択となる。


■なぜ「インデックスファンド」なのか?

先のエントリ(「セゾン資産形成の達人ファンド」を辞めることにした)でも書いたが、
インデックスファンドは世界経済の動きに気を配る必要があり、
一方、アクティブファンドは、それに加えてアクティブファンド自体の
運用内容にも気を配る必要がある。

安値の原因がアクティブファンドの運用内容にあるのであれば、
そのようなファンドを買い増ししようとは思えないと思う。

実際のところ、運用内容に問題があるかどうか、はっきりしないと思う。
しかし、その可能性もあると考えることが、
買い増しを躊躇させることになりかねない。

したがって「インデックスファンド」の選択となる。



と言うような感じであり、
今後も先進国株式のインデックスファンドをメインの投資先とし、
安くなったときには、たくさん買うことにする。

ただし、その手法に確信が持てるわけではないため、
先進国株式のインデックスファンド以外への分散投資も大切にしたい。

関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-04-26 05:04 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム