アクティブファンドの代わりの投資先について その2

先のエントリ(アクティブファンドの代わりの投資先について)にて、
アクティブファンドの代わりに先進国株式インデックスファンドとの
分散を計る投資先として、下記3つの案を書いた。
案1:新興国株式(または債券)インデックスファンド
案2:バランスファンド(例:eMAXIS バランス(8資産均等型))
案3:新たな投資は無し

結論としては、案3でいくことにした。
すなわち、アクティブファンドの代わりとして新たな投資はしない。


案1を選択しない理由
新興国に投資するとしても時価総額比率程度を想定しているが、
それだと10%強と小さい割合であり、
その程度であればわざわざファンドを追加してまで投資しなくても良いように思うため。
また、eMAXIS全世界株式インデックスを用いれば、
先進国と新興国を1つのファンドでカバーできるが、
信託報酬のアップ分を補って余りある魅力は感じられないため。
つまり、新興国への投資よりも、管理の手間や信託報酬を優先させたいということ。


案2を選択しない理由
資産配分の把握がめんどくさくなるのと、
特定のバランスファンドに縛られることになるため。
(同じ配分のバランスファンドは一つしかない)


と言う感じである。


関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-05-03 21:16 : 投資手法 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム