公的年金の運用について思うこと

先日の日本経済新聞にて、年金運用についての記事が掲載されていた。

国民年金や厚生年金の保険料は年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)
と言う機関が運用しているらしい。

運用資産は129兆円で世界最大の年金基金とのこと。
その資産配分(2013年末)は
国内債券:55%
国内株式:17%
外国債券:11%
外国株式:15%
短期資産:2%

日本株の比率は12%を基本としているが、
最近の株高で17%まで上がっているようだ。
さらに、現在割安であることを理由に、
今後日本株の比率を引き上げる可能性があるようなことも書かれてあった。


上記内容の記事を読んで感じたことをメモ書きしておく。

1.国内の比率が高過ぎるように思う。
  もしかしたら、運用する本人たちも百も承知であり、
  大人の事情があるのかもしれない。
 
  が、運用に関わっているような人たちは、
  運用のパフォーマンスが向上するよりも、
  自分の目先の利益を優先した方が得るものが大きいはずである。

  ぶっちゃけたところ、
  運用のパフォーマンスがどうなろうが知ったこっちゃないのである。
  彼らにとっての公的年金とは、老後の支えではなく、目の前の実益なのだから。

  と言う被害妄想は脇に置いておくとしても、
  国内の比率をもう少し下げて欲しいと思う。
  割安と考えて日本株の比率を高めるなんてもってのほかである。
  リバランスを考えると逆に下げるべきのように思う。

2.公的年金で日本の比率が高いため、
  バランスを考えると個人の運用は外国の比率を高めるべきであろう。
  と言うことで、これまで通り個人的なリスク資産の運用は外国中心としたい。

3.GPIFの運用委員長はサルではなく大学教授らしい。
  割安を理由に日本株の比率を高めるような考えが書かれていることからすると、
  パッシブ運用ではなく、ある程度アクティブに運用するようだ。
  公的年金の運用はしかるべき面々が関わってるはずであるから、
  本来は、個人の運用はGPIFの運用をまねれば良いだけのように思う。
  しかし、そういう気に全然なれないのはどうしてだろうか?
  過去の諸問題を受けてのイメージダウンだけでなく、
  上記のような現在の運用方針にも影響がありそうだ。



以上

関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-06-07 23:03 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム