お金の価値はそれを得る苦労に裏打ちされる

先日の日本経済新聞に、
低金利が続くなか社債を発行する企業が増えているとの記事が掲載されていた。
この記事を元に頭に浮かんだことをメモ書き。

企業では、まずお金を調達し(借金(銀行からの融資、社債など)や株式発行)、
そのお金を事業に投資して利益を上げる。
利益が借金の利子を上回り続ければこのループは周り続け、企業は存続し続ける。

同様に、個人が銀行などから借金して株などに投資し、
投資の利益が借金の利子を上回り続ければ、このループは周り続ける。
つまり、借金して投資するだけで稼ぐことができるという、夢のような話になる。

だが、そんなに簡単にはいかないであろう。
もし簡単にいくのであれば、
銀行は個人に貸し出さずに自ら投資するであろうから。

あるいは、もし簡単にいくのであれば、
皆そのようにしてお金を稼ぐだろうが、現実はそうではないから。

または、もし簡単にいくのであれば、
お金を稼ぐのは簡単ということになり、
お金の価値が下がり続けて、
最終的にはお金に価値が無くなるであろうから。

そう言う意味では、
お金の価値はそれを得る苦労に裏打ちされているのであろう。





関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-06-21 06:58 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム