読書メモ3 『半値になっても儲かる「つみたて投資」』

これも今週読んだ本
『半値になっても儲かる「つみたて投資」』星野泰平

この本もなかなか興味深い内容であった。
自分なりに理解した内容を以下にメモしておく。

積立投資は
・買うタイミングは重要ではなく、売るタイミングが重要
・積立開始時の値と終了時の値だけでは決まらない、途中の値動きが重要
・終了時の値が開始時の値よりも低くても、途中の値動きによっては損するとは限らない

『終了時の値が開始時の値よりも低くても、途中の値動きによっては損するとは限らない』
を例にとり、
積立投資は損をしにくい、と言っているように読めたけど。
逆もまたしかりなわけで、結局長期的に値段が上がらない限りは、この特徴は損をしにくいにはつながらないのではないか。

長期投資のメリットは、
始めるタイミングよりも売るタイミングの方が大切だということ、と理解した。
売るときには儲けがあるかどうかがわかるからね。

値動きに波があることを前提にすると、
待っていれば儲けを確定して売ることができるタイミングは何時か必ず来るというわけか。
必ず来るというよりも、その可能性が一発買いよりも高いということか。
あくまで確率が高いということなのかな。


関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2013-06-29 06:42 : 投資読書 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム