インデックス 対 アクティブ

日本経済新聞電子版に
「インデックス対アクティブ 投信はどっちを選ぶ」と題した記事が掲載されていた。
この記事に書かれていたそれぞれに対する批判を抜粋してみた。

アクティブ型への批判

(1)アクティブ型は手数料が割高なのでその分、インデックス型より成績は悪くなる
(2)実際に6~7割のファンドは運用成績がインデックスを下回る
(3)一時的に好成績を上げるファンドはあるが、好成績は何年も続かない。好成績は偶然の産物で、将来どのファンドが好成績を上げるかは全く予想できない


インデックス型への批判

(A)インデックス型投信は株価指数が下がれば利益が出ない
(B)インデックス投資は必ずしも効率的な投資法とはいえない
(C)不祥事を起こした企業やゾンビ企業などの株も投資対象となり、売ることもない



上記のような一般論がある中で、
自分は現在、アクティブファンドからは撤退しており、
インデックスファンドにのみに投資している。
その理由を整理してみた。

一言で言うと、
インデックスファンドの方が長期投資に適していると考えるからである。

以下、詳細。

自分は長期投資を考えているため、
途中でスタッフの入替りや運用方針の変化が考えられるアクティブファンドよりも、
運用内容にブレのないインデックスファンドの方が良いと考える。

短期的に結果を出しているアクティブファンドがあったとしても
長期的にどうなるかわからないし、
また、良いファンドを探すことに手間をかけるよりも、
長期投資を続けることを優先した方が最終的なリターンは大きいと思う。

以上のような感じである。


関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-09 12:25 : 投資手法 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム