スマートベータの記事が気になって

先日の日本経済新聞に
「「賢い指数」投信に新風」と題して「スマートベータ」に関する記事が掲載されていた。

スマートベータ型投信についてあまり知識はなかったが、
次のような特徴があるとのこと。
・特定の指数やルールによって組入れ銘柄や比率を機械的に決める
・市場平均を上回る成績を目指す

要するに、一般的なインデックス投資とアクティブ投資の中間のような感じだろうか。
日本経済新聞に掲載されている過去の成績をみると、
掲載されている全てのスマートベータのリターンはTOPIXを上回っており、
多くの読者が恐らくそうであるように、ついつい惹かれてしまう。


そこで、スマートベータを採用するか否かについて考えてみた。
考えた結果、アクティブファンドから撤退したのと同じような理由で、
とりあえずは採用しないことにした。

その理由は以下。
「短期的には良い結果になるスマートベータもあるかもしれないが、
長期投資にはインデックスファンドの方が良いのではと思うため」


以下詳細。

・良いスマートベータがあったとしたら、採用する人が増えるはずである。
 しかし、皆が採用するようになると有効な投資手法ではなくなるであろう。

・スマートベータは過去のデータを参考に作られているはずであり、
 過去の成績が良いのは当然であろう。しかし将来はどうなるかわからない。

・良いスマートベータを探すことに力を注ぐよりも、
 投資を続けること(長期投資すること)に注力した方が
 最終的なリターンは大きいであろう。

以上のような理由から、
スマートベータはとりあえず採用せず、
一般的なインデックスファンドを用いた運用を続けることにする。


関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-08-16 23:16 : 投資手法 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム