老後資金の備えについて

昨日の日本経済新聞に老後資金に関する記事が掲載されていた。

今後、(政治家はあまり口にしないが)日本で公的年金など社会保障の抑制が避けられないにもかかわらず、確定拠出年金や小額投資非課税制度(NISA)など老後に向けた貯蓄制度は米英に比べ見劣りする。将来を見据えて社会保障の抑制と自助努力の促進を急げ。と言ったような内容だ。

この記事の中で、特に次の記載が気になった。
「心配性のお国柄に似合わず、国も人々も老後に楽観的すぎるのかもしれない。」

確かに、日本人は保険にはたくさん加入している印象があり、心配性なのかもしれない。しかし、老後資金のことをあまり考えていないように思う。
そこで、日本人が老後資金をあまり心配していない理由を考えてみた(心配していないと仮定して)。
思いついた理由を挙げてみる。
1.公的年金があるため安心している。
2.皆が心配していないため、なんとなく心配にならない。
3.子供がなんとかしてくれるだろうと考えている。
4.そんな先の話よりも、今を生きることで手いっぱい
5.保険に入っているため、将来に備えた気になっている。
6.よくよく考えた結論として、老後よりも今を楽しむことにした。
7.いき詰まったら死ねばよいと考えている。

意外に2.の理由が大きいように思う。皆が心配していると、心配になってしまうものだと思うが、逆に皆が心配していないと、心配にならないように思う。

個人的には、老後はかなり心配だが、公的年金がいくらもらえるのかわからない点が悩みどころである。公的年金以外でいくら準備すべきか見積もることもできない。とりあえずは、可能な範囲で準備しておこうという程度である。

ちなみに、人間以外の生物は老後のことなんか考えていないと思うが、繁栄している種はたくさんある。故に、一概に老後のことを考えた方が良いとは言えないのかもしれない。と言うよりも、人間以外の生物は老後と言われる年齢まで生き残る前に死ぬのだろう。そう考えると、老後についてあれこれ悩むのは贅沢な悩みである。

関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-10-07 13:05 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム