読書メモ『臆病者のための億万長者入門』

『臆病者のための億万長者入門』
橘玲

素人が資産運用する際の注意事項的な内容である。
株や為替や不動産などの章に分かれているが、
各賞が独立しており、1冊を通してのまとまりがないような感じである。

おおむね納得できる内容であったが、
特に、次の内容に違和感があった。

株式投資は負債でレバレッジをかけて((資本金+負債)/資本金)運用しているため、債券や貯金と比較して有利な投資手段である。
と言うような内容である。

それを言うなら、社債(負債)もレバレッジをかけて((資本金+負債)/負債)運用しているということになるように思う。

自分は資産運用のメインに株式を据えており、それは株式が有効な投資手段だと考えているためであるが、一度その理由を整理してみたい。と、上記内容を考えながら思った。


また、次の記述にはなるほどと思ったのでメモ書きしておく。
『資本主義とは、複利とレバレッジによってバランスシートを拡張していく運動のことなのだ。』

関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-10-18 07:45 : 投資読書 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム