手数料優遇にご用心

先日の日本経済新聞に「退職金投資へ呼び込む」なる記事が掲載されており、
その記事の中で「手数料を優遇」と書かれてあった。

その記事をよく読むと、「手数料を優遇」とは、
ファンドラップを契約した場合に、ファンドラップの手数料を1年間半額にしたり、
グループの銀行貯金の金利を一定期間優遇するなどの内容であった。

先のエントリで書いたようにファンドラップは元々手数料が高いと思うので、
ラップ口座の手数料は年2%前後?
トータルで考えると手数料優遇とは言えないように思うのだが。
優遇と言うよりも、かえって割高でぼったくられているようにも思う。

このようなことは、この件に限らず、多くの場合に当てはまるように思う。
一見お得にみえるが、トータルで考えると割高でぼったくられている。
そのような「ワナ」にはまらないようによくよく注意したい。


関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-10-25 12:09 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム