資産運用は「世界中の人々に働いてもらう」こと?

週末にかけて次の2つのニュースが相次いだ。
1.米国の量的金融緩和終了
2.日本の追加の金融緩和

特に、2.を受けて株価が大きく動いた(上昇した)。
感じたことをメモ書きしておく。


よく言われることだが、インデックス投資は世界経済の成長の恩恵を受けることを狙っている。主として世界人口の増加から、世界経済の成長が期待されている。

すなわち、イメージ的には、
人口増加 → 経済成長 → 株価上昇
と言う感じ。

こう書くと、人口が増加すると自動的に経済成長し、その結果株価が上昇すると思ってしまう。しかし、実際は国や企業が、より具体的には、国や企業で働く人々が、経済を成長させるために(株価を上げるために)あの手この手を尽くしているのである。今回の金融緩和のように。

したがって、極端に言うと、世界中の国や企業で働く人々が、(株価上昇を通して)私の資産を増加させるために一生懸命働いてくれているとも考えることができる。

すなわち、
世界中の人々の働き → 経済成長 → 株価上昇 → 私の資産増加
と言う感じ。

資産運用は「お金に働いてもらう」というのをよく聞くが、
上記のように考えると、「世界中の人々に働いてもらう」と言う方がしっくりくる。


関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-11-02 15:54 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム