読書メモ 『会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方』

『会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方』
中桐 啓貴

題名に惹かれて読んでみた。

「株式」、「債券」、「不動産」などの説明から始まり、
「積立投資で着実に1億円つくる方法」まで書かれてある。

「株式会社の仕組み」の説明などはなかなかよかったが、
肝心の「積立投資で着実に1億円つくる方法」はいまいちであった。
インデックスファンドよりも成績の良いアクティブファンドに10年間積立てを続けて、
その後は「絶対収益型投信」なるものに移すというもの。
「絶対収益型投信」として紹介されていたものは、
マーケットや景気の変動によって資産配分を変えるものであった。

アクティブファンドがインデックスより良い成績を出し続けるのは難しいということを書きながらも、アクティブファンドを勧めているところがクエスチョンであった。


この本で一番興味深かったのは以下。
成績の良かったアメリカのアクティブファンドに「マゼランファンド」と言うものがあり、22年間の複利年間収益率が29%であった。それにもかかわらず、平均的な投資家は損をしていたということ。長期で持ち続けていれば利益が出たのに短期の変動で売り買いするために損を出したとのこと。


関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-11-09 15:51 : 投資読書 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム