読書メモ25 『内藤忍の資産設計塾』

『内藤忍の資産設計塾』 内藤忍

資産運用の教科書的な内容であった。

株式は個人投資家が最後に手を付けるべき投資対象で、
最初に検討するべき運用商品は投資信託とのこと。

全体的に目新しい内容は特になかったが、
頭を整理することができた。

意外だった点が1点あった。
株式投資をする個人投資家の投資スタイルとして、
テクニカル分析を勧めていた点である。
ファンダメンタル分析を実施するプロは多いが、
テクニカル分析を実施するプロは少ないことを理由に挙げて。
古い本なので時代は変わったのかもしれないが。


関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2013-08-24 14:13 : 投資読書 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム