超短期定期貯金の金利が意外と高い理由

先日の日本経済新聞に超短期定期貯金について書かれていた。
満期が1週間や2週間の定期貯金はその期間の短さにしては
意外と金利が高いような気がして前々から気になっていた。

金利が高い理由が書かれているかと記事を読んでみるも、その理由は書かれていなかった。

と言うことで、ネットで調べてみた。
正しいかどうかわからないが、ネットにて見かけた理由は以下。

銀行にとっては短期の方が有利なこともある。
それは金利変動に伴うリスクが小さいこと(定期貯金は固定金利)。
そういうわけで、短期の方が銀行側にとってもメリットがある分、
期間の短かさにしては思った以上に高金利と言うわけだ。
納得できる理由であった。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2014-12-30 19:02 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム