老後資金は公的年金プラス3000万円必要?

先日の日本経済新聞に老後資金に関する記事が掲載されていた。
気になったのでメモ書き。

・60歳時点の「平均余命」は、男性83歳、女性88歳
・高齢者夫婦(無職)の生活費は約27万円/月
・夫が83歳で、2歳下の妻が88歳で無くなるとして合計約9000万円必要
 (生活費は、夫生存時:27万円/月、夫の死後:27万円/月の70% にて計算)
・公的年金の受取額は、夫:会社員、妻:専業主婦、とすると現在約23万円/月
・夫が65歳から公的年金を受取る(夫の死後は遺族厚生年金)と、総額約6000万円
・公的年金だけでは約3000万円(=9000万円-6000万円)不足する

だそうな。


実際に受取れる公的年金の額や、
医療費/介護費、物価水準、今後の収入など、
不確実な要素が大きいので何とも言えないが、
老後資金のとりあえずの目標を考えてみた。

・記事にある3000万円は企業年金(確定給付年金→確定拠出年金)で達成
・プライベートな資産運用で上記公的年金分くらいになればいいかな(安全見すぎ?)
・途中で多すぎることに気がついたら早期退職でもしようかな


関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-01-11 18:13 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム