読書メモ26 『ファンドマネージャー ~その仕事と投資哲学~』

『ファンドマネージャー ~その仕事と投資哲学~』 依田孝昭

ファンドマネージャーの思考回路の一端を覗き見ることができる。

運用の世界に絶対はないため、
指針となる運用哲学が必要、
と言う部分が興味深かった。
(「投資家の合理性」「市場の効率性」)

運用哲学によって戦略が変わってくるのだ。



関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2013-08-25 20:57 : 投資読書 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム