我が「専門家頼み」投資

「専門家頼みで逃げ道作る」と題した記事が日本経済新聞に掲載されていた。

「投資に必要な選択を自分でしようとしない人が多いのは、行動経済学の観点では2つの心理で説明できます」とのこと。
その2つの心理とは、
心理1.「情報負荷による思考停止」
心理2.「後悔・損失回避」


自分の投資を省みてみると、まさに「思考停止」して専門家に頼っており、また専門家の勧める投資手法をとることで「後悔回避」していると思う。

自分はインデックスファンド(外国株式)を用いた長期分散投資(インデックス投資)に励んでいる。将来的に世界の株価が上昇し続けることを前提とした投資手法である。しかし、自分には将来的に株価が上昇し続けるかどうかなんてわからないし、むしろ逆に、人類の将来には否定的である。

では、何故インデックス投資しているのか?と聞かれると、理にかなった投資手法と思っているからである。であるが、元を正せば専門家の勧める投資手法だからと思う。よくよく考えると、専門家の主張を鵜呑みにしているというか納得させられているだけのようにも思う。専門家がこぞって否定的であればそのような投資手法はとらないであろう。

と言うことで、将来的な株価の上昇には疑問を抱きながらも、専門家が勧める投資手法だからインデックス投資しているということで、まさに「投資家頼み」投資である。

ただし、
インデックス投資を完全に信じているわけではないため、
1.自分の資産の半分以下にとどめる
2.うまくいかなくても困らないように本業にも力を入れる
ことにしている。


なお、「思考停止」や「後悔回避」が問題なのではなく、何も考えないことが問題なのだと思う。考えて納得した上での「思考停止」や「後悔回避」は問題ないと思うし、むしろ、大切なことと思う。

とは言え、専門家に流されすぎないように注意したい。


関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-02-11 12:35 : 投資手法 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム