地球温暖化と資産運用 その1

地球温暖化について考えてみた。先日の新聞で関連する記事を目にしたのがきっかけ。

今回は、次の3つの観点から地球温暖化について考えてみた。
(二酸化炭素の排出により地球が温暖化していることを前提としている。)

1.なぜ地球温暖化の対策は進まないのか?
2.そもそも、地球温暖化を対策する必要はあるのか?
3.資産運用を実施する上で地球温暖化から学べることは?(おまけ)

以上3つについて、1つずつ3回に分けてエントリを書いてみる。1回目の本エントリでは「1.なぜ地球温暖化の対策は進まないのか?」について取り上げる。


1.なぜ地球温暖化の対策は進まないのか?

まず、考えられる理由を列挙してみる。
・”未来(未来の人々)”よりも”いま(自分達)”を重要と考えるから
・自分だけが(自国だけが)取組んだところで効果はないと考えるから
・取組んでいる他人(他国)を横目に自分(自国)だけ得をしようとするから
・地球温暖化は人類や多くの生物に対する危機と言う認識がないから
・より重要/緊急な問題があり、地球温暖化対策どころではないから
・民主主義が幅を利かせた世界だから その1
 多数を占める私のような庶民は未来の地球温暖化よりも目の前の楽しみにうつつをぬかすから
・民主主義が幅を利かせた世界だから その2
 為政者が選挙に勝つためには未来の人々よりも現在の人々を優遇する必要があるから
・民主主義が幅を利かせた世界だから その3
 最も被害を被る未来の人々は現在の政治に参加できないから
・そもそも、人間は、現在の自分達よりも未来の人類を優先するようにはできていないから
・人間は理性よりも感情に動かされるから
・未来の人類のために地球温暖化対策したところで、未来の人類から感謝される前に自分(達)は死ぬのでモチベーションが上がらないから
・そもそも人類や生物の未来なんてどうでもよいと思うから


これらを元に自分なりに最もらしい理由を考えてみると、
「人間の関心は未来の人類よりも今現在の自分達の生存・快楽・満足に向かっているため(それはどうにも動かしようがない、というよりもそういう風に進化してきた(そういう人類が生き残ってきた))、地球温暖化対策は後回しにされる」
と言う感じ。

そして、おそらくは、悲しいけれども、より未来志向になるように人類が進化するスピードよりも、地球温暖化の進行するスピードの方が早いであろう。

ということで、地球温暖化対策に消極的な人類を不思議に思ったり、呆れてみたり、責めてみたりしたところでしかたがない、人類はそういう風にできているのだから、と考える。そうは言っても(地球温暖化によって大打撃を受けることから逃れられないとしても)、しぶとい人類は何らかの形で生き続けるだろう。


関連エントリ
地球温暖化と資産運用 その2
地球温暖化と資産運用 その3
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-02-27 07:00 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム