「リスク許容度」を把握するには

「リスク許容度」の把握の仕方について、考えを整理してみた。

インデックス投資において重要なことの一つに、自分のリスク許容度を超えないことがある。そのためには、まず、自分のリスク許容度を把握する必要がある。

しかし、投資経験の浅い自分のような初心者が「リスク許容度」について考えてみたところで、所詮は机上の空論でしかなく、自分のリスク許容度は経験を通して把握していくしかないと思う。


なお、自分は目標の資産配分として「外国株式:安全資産=50:50」を挙げているが、まとまった資金を一括で外国株式に投資することはせず、毎月1%(1ポイント)ずつ増やしている状況である。

一方、一括で投資してしまった方が良いのかしらという思いも、当初から抱き続けている。しかし、上記内容を含めて改めて考えてみると、外国株式を毎月1%(1ポイント)ずつ増やし続けていくことで、自分のリスク許容度を把握しようとしている(許容できる株式の割合を探っている)と考えることもでき、この考えはしっくりくる。

すなわち、目標の資産配分として株式の割合を50%としているが、それはとりあえずの目標であり、リスク許容度から決めた割合ではない。リスク許容度については、株式の割合を少しずつ増やしながら探っていく。例えば、株式の割合が30%となったときに許容できる限界(リスク許容度)と思えば、目標の資産配分を株式30%に変更するだろう。

【結論】
自分の「リスク許容度」は投資経験を通してしか把握できないと考える。自分は現在、外国株式を毎月1%(1ポイント)ずつ増やしていき、「リスク許容度」(許容できる株式の割合)を探っている。



次回、自分のリスク許容度を把握しようとして考えた「机上の空論」を書いてみる。




以下、補足。

ちなみに、一括投資せずに毎月1%(1ポイント)ずつ増やし続けていくのには別の理由もある。すなわち、目先の利益よりも投資を長期間続けることを最優先するため。自分のような素人が一括投資したとして、その直後に暴落したりすると、びっくりして投資をやめてしまう恐れもある。長期的に投資を続けることを最優先するならば、経験を積みながら投資額を少しずつ増やしていくのは一つの手と考える。


関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-03-21 16:54 : 投資手法 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム