債券投資、金利が低下した今でも有効か

「債券投資、超低利で有効か」と題した記事が日本経済新聞に掲載されていた。
金利が反転上昇すれば損失を被る懸念もある。それでも分散投資では、債券を組み入れた方がいいのだろうか。

一般的に、金利が上がると債券の価格は下がり、金利が下がると債券の価格は上がる。これまで金利は下がり続けたため、債券の価格は上昇し続けた。今後、金利が上昇に転じると、債券の価格は下げに転じることが予想されるが、それでも分散のために債券を保有した方が良いのか?と言うこと。

その問いに対するはっきりとした回答は書かれていなかったが、自分の考えに近いものとしては、以下のようなコメントがあった。
国内外の債券はリスクに比べて期待リターンが低い。今は少しずつ組入れを下げ、定期貯金や10年物の個人向け国債に資金を一時避難するのも手

すなわち、今後下げに転じる(リターンがマイナスになる可能性もある)リスクを考えると債券のリターンは低いため、額面割れするリスクの無い定期貯金や個人向け国債に乗り換えるのも手、ということ。

自分は、金利上昇による値下がりを恐れて、債券のインデックスファンドを保有しておらず、その代わりに定期貯金や個人向け国債を保有している。しかし、金利上昇&債券値下げがそろそろ起こるだろうと1年ほど前から思い続けながら、なかなかやってこない。予想するのは難しい。忘れたことにやってくるのだろうか。。

関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-05-23 06:25 : 投資手法 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム