リスク許容度を考慮して投資内容変更 その2

これまでの資産運用では、「個人的な資産」と「会社の確定拠出年金」を資産運用の対象にしており、「家計全体」では考えていなかった。

リスク許容度設定と投資内容変更に伴い、「家計全体」で資産運用を考えることにした。必要な老後資金を元にリスク許容設定と投資内容変更を行ったためである(老後資金は家計全体で考える必要あり)。
参考記事:リスク許容度について、必要な安全資産の金額から考えてみた
参考記事:リスク許容度を考慮して投資内容変更

と言うことで、資産運用の対象を下記の合計とする
1.家族の共通資産:安全資産100%
2.確定拠出年金:外国株式100%
3.個人的な資産:安全資産と外国株式(割合を随時調整)
※妻の個人的な資産は対象外
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-09-23 07:15 : 投資実施内容 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム