『イエール大学CFOに学ぶ投資哲学』を読んだ

『イエール大学CFOに学ぶ投資哲学』
デイビッド・スウェンセン

以前の記事(オルタナティブ投資が主力の投資手法)で書いたように、米国大学基金の運用手法に興味を持ったので読んでみた。

書かれていた内容は、オルタナティブ投資を主力したような最先端の投資手法ではなく、株式を主力としたインデックス投資というオーソドックスな内容であった。少し古い本(2006年)のため、今では考え方が変わっているのかもしれないが・・・。

【要点をメモ書き】
・投資収益の3つの源泉(資産配分、マーケットタイミング、銘柄選択)のうち、結果を左右する一番の要因は資産配分。株式をメインとし、分散を効かせるべし。節税に努めることも重要。株式中心、分散、節税は投資の基本三原則。
・マーケットタイミングは、リバランスで逆張りを狙うべし。
・銘柄選択は、ポートフォリオを幅広く分散するべし。

関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-10-03 05:50 : 投資読書 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム